永久脱毛の正しい知識をあなたに

当サイトは永久脱毛したい女子を応援すべく、様々な永久脱毛に関する情報を発信しているサイトです。これから永久脱毛に挑戦しようとしている方の少しでもご参考になればと思っています。

まず「永久脱毛」という言葉の意味、近年の脱毛事情などについて説明していきましょう。

永久脱毛できるのはサロン?クリニック?二つの脱毛の種類について

近年の主流になりつつある脱毛方法には二つの選択肢があります。

  • 脱毛サロン・エステサロンでの脱毛
  • クリニック・美容外科での脱毛

はじめに申し上げると「永久脱毛」に値する効果があるのは下の「クリニック・美容外科の脱毛」です。脱毛サロンは扱う機器の基準により正確には永久脱毛と認められない減毛のための脱毛になります。

むだ毛の手入れをなくして永遠のツルツル肌を手に入れたいなら?

いわゆる永久的な脱毛効果を得るためには、クリニック・美容外科の脱毛をはじめから選択してください。

脱毛サロンの脱毛ではもの足りなく感じるでしょうし、長い期間かけて何度も通わなければならない脱毛サロンで、高い効果を求めると結果的にコストもかさみます。

いきなりそんなお金かけられない!手軽に本格的な脱毛をはじめたいなら?

手軽な価格で自己処理以上の綺麗なむだ毛処理がしたい方には脱毛サロンがおすすめです。

なによりワキ脱毛などのコースなら驚きの安さでできるので、初心者の方などはまずはサロンに通うといった方も多いです。永久脱毛ではないので通わなくなるとむだ毛が生えてきてしまいます。

永久脱毛なら迷わずクリニックで脱毛!

むだ毛処理をなくしたい、効果の高さで選ぶなら間違いなくクリニックの脱毛がおすすめです。確かにサロンなどより高価ですが、医師がおこなう安全性、そして効果の満足度は比較になりません。

サロンから始める人が多いのも事実ですが、物足りなくてクリニックの脱毛に移る人も多いんです。ならば最初からクリニックで脱毛してしまうのがおすすめというわけです。

脱毛するなら自分はどっちのタイプ?

永久脱毛の正しい知識をあなたに

永久脱毛の正しい知識をあなたに

永久脱毛はなぜクリニックでしかできないのか?

脱毛サロンとクリニックの脱毛の違い

まずサロンとクリニックでは扱える機器が違います。クリニックは医療機関ですので、より高度な脱毛機器を扱うことができます。それに対し脱毛サロンは医療機関ではなくエステサロンですので、必然的に高度な機器を扱うことはできません。永久脱毛という高度な施術を、そもそも脱毛サロンでは技術的におこなうことができないのです。

以下引用

永久脱毛は法律で定められた医療行為です

昭和59年11月13日及び昭和63年2月4日に、いわゆる『永久脱毛』行為について、厚生省・医事課より 「永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、医師以外の者が行えば医師法違反となる」との回答が出されており、 医療機関以外では永久脱毛行為は禁止されています。

参考文献 日本医学脱毛協会

このように永久脱毛は医療行為にあたります。永久脱毛に満たない「減毛脱毛」はサロンでもおこなうことができますが、あくまで「永久脱毛」とは呼べない脱毛なのです。

クリニックのレーザー脱毛の仕組み

クリニックでおこなう医療レーザー脱毛はレーザーの熱によって、むだ毛・毛根にダメージを与えて二度とむだ毛が生えてこないようにする施術法です。

そして医療レーザー脱毛の特徴はむだ毛以外にダメージを与えない点です。レーザーというと皮膚へのダメージなどが心配されますが、医療レーザーはむだ毛の色素のみ反応するため皮膚にダメージを与えることはありません。
永久脱毛の正しい知識をあなたに

以下引用

特定の色や物質にのみ反応するレーザー光線
レーザー光線は、波長の長さによって特定の色や物質にのみ作用します。その性質を利用し、青、赤、黒の色を感知して、その部分にのみ集中的に熱を加え、組織を破壊することができるのです。これを「選択的光熱治療」と言います。ホクロやシミ、ソバカスなどのレーザー治療も、この選択的光熱治療のおかげで傷も残らずきれいに治すことができるのです。

医療レーザーは、単一の波長の光を増幅して皮膚に照射する方法です。脱毛では皮下の毛の色、黒いメラニン色素をターゲットにして行います。単一の波長なのでターゲットにのみ作用し、表皮やその周辺の細胞を傷つけることもありません。

レーザーを照射すると皮下の黒い毛に熱が吸収され、毛を伝導体として毛包全体に熱が伝わります。やがてその熱が周囲に広がり、毛の製造工場ともいえる毛球部の毛母細胞を破壊した結果、毛が生えてこなくなるのです。

参考文献 脱毛の知恵袋

効果の速攻性は持続性はどのくらい違う?

サロンとクリニックの脱毛では効果の出方が全く違います。クリニックの脱毛はより出力の高い機器を使用し施術をおこなうため、まず効果の即効性が違います。

  • 脱毛サロンは6回目くらいに効果を実感
  • クリニックは6回目くらいで脱毛が完了

基準を一般的なコースの回数である6回に定めてみると、脱毛サロンで6回ほどでようやく効果は出始めるのに対し、クリニックでは6回ほどで脱毛ほぼ完了となります。施術は2ヶ月に一度ほどが理想的なペースですので、クリニックで脱毛すれば一年ほどで脱毛は完了します。※効果には個人差があります

持続性もクリニックの脱毛は永久脱毛ですので一度脱毛完了してしまえば、今後は生えてくることはありません。脱毛サロンの脱毛はあくまで減毛のため、二度と生えてこなくなることはありません。回数を10回、20回と重ねていけば効果を維持する時間は伸びますが、時が経てばいずれは必ず生えてきてしまいます。もし脱毛サロンで永久脱毛するのであれば、サロンに永久に通い続けるしかありません。

脱毛の費用はどれくらいかかるの?

まずサロンとクリニックを比較する上で重要なポイントが費用です。当然クリニックの脱毛は「永久脱毛」と認められた高い効果を期待できますが、その分費用もかかると言えます。脱毛サロンではキャンペーンなどで価格競争がおこっていることもあり、クリニックと比較すると破格の料金設定となっています。

具体的にどちらも低価格でおこなうことのできるワキ脱毛コースで比較しても、

  • 脱毛サロンのワキ脱毛コース:1,000円〜3,000円 回数「6回〜無制限」
  • クリニックのワキ脱毛コース:3,000円〜10,000円 回数「5回〜」

このくらいかかる費用には差があります。安価なワキ脱毛コースで比較しましたが、ハイジニーナ・全身脱毛コースなどにも同じことが言えます。アバウトですがクリニックで永久脱毛すると、脱毛サロンの2〜3倍はかかると考えてください。

実質的な永久脱毛までの費用を考える

ですがクリニックと脱毛サロンで、単純に同じ回数のコース価格で比較することは的外れです。なぜなら先ほども述べたように、効果が出るまでの回数にも差があるからです。“クリニックでは6回ほどでほぼ脱毛完了”なのに対し“脱毛サロンでは10回以上の施術が必要”であるからです。

そのあたりもあらかじめ考慮して脱毛が終わるまでのトータル費用を考えると、決してクリニックの脱毛が断然高額とはならないはずです。脱毛サロンはキャンペーンなどでワキ脱毛を回数無制限でおこなったりと目玉もありますが、最終的な目標が永久脱毛なのであれば、結果的に高額かつ終わりの見えない道を歩き続けることになります。

永久脱毛はクリニックだけ!だけど手軽に脱毛したいなら脱毛サロンもアリ!?

永久脱毛ができるのはクリニックの医療脱毛になります。そのため「むだ毛を無くす」「むだ毛を生えてこなくする」という目的なのであれば必然的に脱毛はクリニック一択になります。

ですが最初にある程度の費用がかかってしまうのはクリニックのデメリットです。脱毛サロンの脱毛は永久脱毛ではありませんが、価格の安さと手軽さはクリニックにはない魅力があります。永久脱毛ではないといっても、自己処理より遥かに綺麗にむだ毛処理することができるので、一時的な脱毛として割り切って利用する分にはアリかなと思います。

このサイトに訪れた皆様は永久脱毛が望みなのではないでしょうか?それであれば自信を持ってクリニックの医療脱毛がおすすめです。

あまり知られていませんが、クリニックでも脱毛サロンと同じように無料でカウンセリングを受けることができます。医療機関なので、あまり広告をしていないだけでサロンと同じように手軽に相談しにいったり、説明を聞きにいったりすることができるのです。気になった方は是非専門の美容クリニックまで足を運んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ