安全性で選ぶならどっち!?脱毛サロンと医療脱毛クリニックの差とは

脱毛は肌に特殊な光やレーザーを照射しておこなうことから、度々安全という面で疑問視されることがあります。

クリニックと脱毛サロンではそもそもどういった安全面の問題があるのでしょうか?

肌トラブルなどの事例が度々発生する脱毛サロン・エステの脱毛

肌トラブルやヤケドといった事例が度々問題視される脱毛サロンやエステでの脱毛。クリニックと比較してしまうと施術者が特に資格などを有さないエステティシャンということもあり、サロンや店舗ごとに質にばらつきがあると言われています。

脱毛サロンの脱毛方式は安全性が高い?

脱毛サロンで使用される光脱毛という技術は主に「IPL脱毛方式」「SSC脱毛方式」という二つがあります。

IPL脱毛とは

インテンス・パルス・ライトの略で、光エネルギー(フラッシュ)によって毛根ダメージを与え弱らせむだ毛の脱毛を促す方法です。比較的太くて濃いむだ毛に向いた脱毛とされています。産毛などには若干作用しづらいです。(参照 銀座カラー脱毛の仕組み

SSC脱毛とは

スムース・スキン・コントロールの略で、フラッシュに加え除毛効果のあるジェルを組み合わせた脱毛方式です。より痛みが少なく、美肌効果なども期待できます。細かい産毛などにはIPLより効くとされています。(参照 ミュゼの脱毛方法

IPL・SSCどちらも肌に優しい脱毛方式

このような特徴がありますが、医療脱毛と比較するとどちら方式も出力が弱く抑えられているので、肌へのダメージは最小限に抑えられています。とはいえ肌が弱っている状態の施術や、必要以上に出力を高めて施術をしてしまうと上で述べたように肌トラブルの原因になります。

そもそも威力が弱いため、出力を上げて施術したほうが効果は高まりますが、その分危険度も上がります。そのあたりでかなりエステティシャンの技量に左右されてしまうので、脱毛サロンの脱毛自体の安全性は高いですが、扱う人によりけりといった面があります。

クリニック医療脱毛は高度な脱毛機器を医師が取り扱う

脱毛サロンとクリニックの一番の差は施術する人間です。クリニックの医療脱毛は脱毛サロンの光脱毛よりも遥かに高度で危険な機器を用いて施術します。そのため必ず医師免許を持つものでないと施術することができません。

危険であるがゆえに、しっかりと事前検査や体調管理をおこない、医師が認めてはじめて施術することができます。一人一人の肌に合わせた出力での施術や、アフターケアを医師がしっかりとしてくれるため安心感は高いです。

万が一の時のケアや薬の処方などもすぐにおこなってくれるというメリットもあります。脱毛サロンで肌トラブルが起きたら、別で医者にかからなくてはなりません。

クリニックとサロンでは安全なのはどっち!?

扱う機器で比較すると安全なのはもちろん脱毛サロンの脱毛です。しかし扱う人間によっては危険を伴ってしまうリスクがあります。それに比べ医師が施術するクリニックの医療脱毛は高度な機器であるがゆえに、万全を期した状態で施術してくれます。

アフターケアやその後のことを考えるとトータル的に安全と言えるのは「クリニックの医療脱毛」と当サイトでは判断致しました。それ以外にもしっかりとその医師やエステティシャンが信用できるかどうか見極めるということも重要ですね。

永久脱毛の正しい知識をあなたに

関連ページ 医療用レーザー脱毛ができる脱毛クリニックについて

コメントを残す

このページの先頭へ