正しく知ろう!医療レーザー脱毛の種類とそれぞれの特徴まとめ!

医療脱毛と一口に言っても、クリニックや医療機関毎に使用されているレーザーの種類が違うことはあまり知られていません。

それぞれレーザーの種類ごとに少しずつ違いや効果の出方などに差があります。医療脱毛をする際の予備知識として以下のレーザーの種類についても知っておくと良いでしょう。

医療脱毛に使われている主なレーザーの種類

  • ダイオードレーザー
  • アレキサンドライトレーザー
  • YAGレーザー
  • G-MAX

(参照 スキンケア大学など)

ダイオードレーザー方式

医療脱毛のレーザーで使われている割合が最も多いのがダイオードレーザーです。照射範囲が広く、短時間で広範囲の施術が可能です。そのため肌への負担も痛みも少なく、かつ効果も高いです。太い毛から産毛まで幅広く脱毛することができますが、細かすぎる産毛は脱毛しきれない場合があります。 

  • 使用クリニック:アリシアクリニック、フェミークリニック
  • アレキサンドライトレーザー方式

    アレキサンドライトレーザーも多くのクリニックで使われているレーザーの一つ。ジェルを使用しないことが特徴でジェルが苦手な方やアレルギーをお持ちの方に最適。黒い色素により強く反応し、毛根を破壊していきます。他のレーザーよりも痛みは若干強く感じる方が多いです。

  • 使用クリニック:湘南美容外科クリニック、フェミークリニック
  • YAGレーザー方式

    他のレーザーよりもメラニン色素への反応が少ないのがYAGレーザーです。そのため日焼けした肌や、比較的肌の色が濃い人におすすめの方式です。より濃いムダ毛への効果が抜群なので、男性の脱毛やムダ毛が濃い方に最適なレーザーです。

  • 使用クリニック:フェミークリニック
  • G-MAXレーザー方式

    より敏感肌や肌の弱い方にも最適だと言われているのがG-MAXレーザーです。そのような特徴からデリケートゾーン付近やVIOラインなどの敏感な部位の脱毛に最適だとされています。肌を冷やしながら脱毛していくため、火傷のリスクを下げ、痛みも軽減しています。

  • 使用クリニック:フェミークリニック
  • エステサロンで使用されているのは?

    IPL方式、S.S.C方式

    これらはエステサロンで使用されている光脱毛と呼ばれる脱毛方式です。医療脱毛に比べレーザー出力が低いため、痛みなどは最小限に抑えられています。毛根をなどを破壊することはほぼできないため、効果は一時的で永久脱毛をすることはできません。

    クリニックによって扱ってるレーザー方式、機器が違う!?

    上に示した通りクリニック毎で使用しているレーザー脱毛機器が違います。どれも医療脱毛ですので、効果が特別低いなどといったことはありませんが、自分の肌性質などを見極めて最適なレーザー方式で脱毛するのが理想的です。

    各クリニックがそれぞれレーザー脱毛機器を一つずつ使用しているのに対し、唯一“フェミークリニック”だけは上の4種類すべての脱毛機器を備えています。フェミークリニックの特徴は一人一人に合わせた施術を心がけているという点なので、4種類全ての脱毛機器を使い分けているため、より患者の肌質に合わせた施術が可能です。

    医療脱毛施術があまりにも肌に合わない場合は?

    医療脱毛を施術していてあまりに肌に合わないと感じた場合は、レーザー方式が肌に合っていない場合もあります。その際はもちろんクリニックの先生に相談することはもちろん、別のレーザー方式を採用しているクリニックに変えるのも一つの手ということを覚えておきましょう。

    永久脱毛の正しい知識をあなたに

    関連ページ 医療用レーザー脱毛ができる脱毛クリニックについて

    コメントを残す

    このページの先頭へ